<< 【STこらむ】競技中に要るモノ、要らないモノ。(1/2) | main | 【STこらむ】ショートトラックを数倍楽しく観戦する方法。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
【STこらむ】競技中に要るモノ、要らないモノ。(2/2)
前回のSTこらむからの続き。)
 
音楽はともかくとしても、もっと気になることがあった。
実況アナウンスである。
 
筆者が若かりし頃にやっていた陸上競技でも、
メジャーな大会になれば実況アナウンスが盛り上げてくれる。
オリンピックのTV中継さながらの実況アナウンスを
ST選手権の特に決勝あたりでアナウンサーが喋ってくれた。
 
筆者は最初「これは面白い」と楽しく聴いていたのだが、
やがてその実況の一部が邪魔になってきたのである。
なぜか。
それは「試合展開を予測する発言」をしたからである。
例えば
 
「さぁ最後尾から○○選手が虎視眈々と順位を上げてきた!」
「ここで一気に▽▽選手がスパートをかけてきた!」
「△△選手はここで仕掛けないと通過が難しくなってきたぞ」
 
などという発言。
ショートトラックは、どこで仕掛けていくのかという
各選手の戦略が勝敗を左右する重要な要素の1つ。
これが実況によって先頭の選手等に
絶妙のタイミングで意識させてしまう結果を招くと思うのだ。
 
陸上競技や水泳競技は個人別(ないしチーム別)の戦いで、
そのような実況をしようが大して影響はない。
バレーボールやサッカーは、決して場内に響く実況ではなく
あくまでTVの視聴者向けにのみ録音されたもの。
競馬中継は、騎手に聞こえても、馬には馬耳東風。(笑
 
しかし、ショートトラックは実況にある「虎視眈々」さを
持ち味としている選手もいるのではないか。
「さぁ、今から仕掛けるか!」と思った瞬間に
実況アナウンスで言われて先頭の選手が意識し始めたら
仕掛けようとした選手にとっては意気消沈ものである。
 
 
許される実況としては
 
「ここで○○選手が△△選手を追い抜いて先頭に立った!」
「▽▽選手がスパートをかけて他の選手もラストスパート!」
  (=事後にその状況を説明するアナウンスはOK、
    事前に選手に見えない部分の展開を知らせるのはNG)
「□□選出は今シーズン故障に悩まされましたが復活です!」
  (=選手の個人情報に触れない紹介めいたものはOK)
 
などと思われる。
 
 
単なるスピードとパワーだけでなく、
テクニックと戦略(頭脳プレー)を要求されるのが、
ショートトラックの醍醐味と筆者は考えている。
だからこそ、その場を盛り上げてくれる実況アナウンスも
ショートトラックの醍醐味を楽しめる内容にしてほしい、
と思うのである。
 
 
p.s. やっぱり選手自身はそんなに気にならないんですかねぇ?
 
| 管理人のSTこらむ | 23:35 | comments(5) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:35 | - | - |
確かに解説なら良いですが予測した発言などされるのは困りますね。(苦笑)
でも、選手にはコーチボックスで怒鳴っている自分のチームの監督の声も聞こえないらしいですし、コーチボックスの監督も解説や音楽は聞こえないらしいです。
私の過去のスポーツ経験でも大歓声(大袈裟)でも知り合いの声しか聞こえなかったし・・・
選手・監督には会場のDJの声や音楽は耳に入らないと思います。
でも、だからといって許される物では無いと思いますので管理人さんの意見には賛成です。

ところで、大事な事を忘れていましたがこのサイトは「高田 貴子」選手の応援サイトなんですよね。
管理人さんからも本人に自分のHPをコマめに更新するように言って下さいね。(笑)
ご存知だとは思いますが、「古屋由布子」選手の応援サイト http://homepage3.nifty.com/kumagaiy/port/koya/index.htm のようにライバルの動向もこちらで紹介されてはいかがですか?

正直「高田」選手の体調さえ完全なら、今の日本国内にはK選手しかライバルは見当たらないと思います。
オリンピックシーズンに皆が驚くような活躍をしてもらえると私も信じています。


| kazu | 2005/08/31 9:53 PM |

確かに、私も陸上競技をやっていましたが、レース中は
会場内の音楽や野次どころか、声援も聞こえませんでした。(苦笑
やっぱり、選手自体はそれほど気にならないんでしょうね。
となると、観客が楽しめるのは喜ばしい演出です。

確かに、なかなか本人からの更新はありませんが
そろそろシーズンインのこともあって合宿等で忙しいのではないでしょうか。kazuさんは高田選手とはお知り合いなんでしょうか?(笑) それとも古屋選手のご友人とか?
もちろん、古屋選手のサイトも知っております。もう少しこのサイトが有名になってから、相互リンクでも張ろうかと企んでおります。

K選手のみですか……T・C選手やT・I選手もいますよね。気後れさえしなければ十分に勝てるパワーは持ち備えていると思います。うん。
| NoRo(管理人) | 2005/09/05 12:50 AM |

はじめまして。古屋由布子応援サイトの管理人koya-fanです。

偶然、ここを見つけて、古屋由布子応援サイトのことを紹介いただいたコメントを発見して、こんなにうれしいことありません。

おたがいライバルの彼女たちですが、日本のショートトラックのレベルアップのために、頑張って欲しいですね。

私は、まだ、一度しかショートのレースを生で見たことがありません。大阪では、なかなか開催されないもので・・・でも、一度見たら、ショートの面白さのとりこになりますね!

これからもよろしく〜
| koya-fan | 2005/09/07 11:40 PM |

koya-fanさん、ようこそ。
koya-fanさんが生で見たレースって、今年2月にあった、
京都アクアリーナでの選手権ですよね?
お互いあの会場に居たんですねぇ!
あの時はK選手の応援団がベストな座席を占拠してしまって
良い写真が撮れませんでした。(苦笑
でも古屋選手の写真も何枚が収めましたよ。

お互い、良きライバルの応援者としてショートトラックを盛上げたいですよね。
古屋選手は昨シーズン総合4位。この調子が続けばトリノも近いですよね。
高田選手もソルトレーク出場の年は総合4位でした。

両選手とも是非トリノへ行けるよう、応援者として頑張っていきましょうね!
(だって選手はいつも頑張ってるし。)
| NoRo(管理人) | 2005/09/09 3:55 AM |

京都アクアリーナのリンクにいらしてたんですか。確かにK選手の応援団はすごかったですね。それでも私は、負けないくらい、古屋選手を応援しましたよ〜

K選手や、高田選手や・・・その他の沢山のライバルたちを間近に見て、日本のショートも、トリノでメダルは夢じゃない!と、感じたのですが。

いよいよ今月から、2005-2006年のシーズン開始! オリンピックイヤーですね。誰が代表になっても、がんばる彼女たちを、ニッポンのファンとして、応援します。
| koya-fan | 2005/09/09 11:15 PM |










http://short-track.jugem.jp/trackback/10

アクセスカウンタ:
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
■表示中の記事リスト
■コメント
■トラックバック
■カテゴリー
■アーカイヴ
■リンク
■プロフィール
■その他(管理人用)
このページの先頭へ