<< 明日から夏休み | main | 臨月を迎えてます >>
「勝つ」ということ
この県大会は、本当に変な大会だった。
初日に3位と優勝、
2日目はハードル、幅跳び、1500m、リレーで決勝進出。

終わってみれば、
学校対抗得点が女子は1桁。


ありえません、県大会なのに…



よく頑張った!!!!!



けれど、活躍しても納得のいく成績が出せなかった生徒も。

決勝に残って、入賞もしたのに、
最後に集合したときもまだ涙…


仲間は明るく声をかけ、励まし、
「笑って写真とろう!」と声をかけてくれても、
それを振り切るような仕草。


彼女の目標は、
中国大会出場、全国大会出場だった。
けれど、それには届かなかったどころか、
力を出し切れずに終わった感じ。

「くやしい!」という自分の思いが強いあまりに、
周囲がその態度にどれほど気を使っているのかさえも、気づかない。


この1年、この大会に向けて思い続けてきたから、
さぞかし辛い2日間だったと思うけど、
昨日今日の、その姿をみて、
彼女がこの大会で成績を出すことができなかった理由が見えたような気がした。


毎日の練習の積み重ね、技術の習得、筋力体力をつけることも
スポーツでは大事だけど、
それとともに、その生活を支えてくれている周囲への感謝、
毎日一緒に頑張った仲間の存在へのありがたさ、
素直に事実を受け入れる心が、
本番の力となり、運をも引き寄せるのだと、つくづく感じる。


やっぱり、どんなに辛くても、
応援してくれた仲間に「ありがとう」と素直に言える、
優勝した仲間に、自分が負けても心から「おめでとう」と祝福できる、
その「心」が、
自分が勝った時の喜びを、さらに大きくしてくれるということに、
彼女がいつか気づけるといいな…。
| あっちゃんのぼやき | 20:58 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 20:58 | - | - |
すっかりご無沙汰です。

いや、全くおっしゃる通り。
感謝の心。
大切です。
こちらはレースでは勝てませんが現役続行中。氷にあがれることに感謝です。

仙台の先生でした。
| 蒼き流星 | 2009/08/27 10:25 PM |

ほんとご無沙汰!
まだ現役!?がんばるねぇ〜!!!!!
佐々木組はすごいなぁ〜。
でも無理はしないでね、歳だから(笑)

しかし、こんなに時間が経ってからのレスを、
彼は見るのだろうか???
| あつこ | 2009/10/10 6:53 AM |










http://short-track.jugem.jp/trackback/294

アクセスカウンタ:
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
■表示中の記事リスト
■コメント
■トラックバック
■カテゴリー
■アーカイヴ
■リンク
■プロフィール
■その他(管理人用)
このページの先頭へ