<< 新カテゴリ【管理人のSTこらむ】を始めます。 | main | 【ニュース】 醍醐リンクの閉鎖が決定。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
【STこらむ】 ショートトラックはライブ感を楽しめ!
(※こらむ全文を読むには「続きを読む」をクリックして下さい)

スピードスケートショートトラックの試合は
氷上のスプリントであるロングトラックや
フィギュアスケートの競技と比較して、
残念ながらなかなかTVで中継されることが少ない。
シーズンインしてメジャーな大会が開催された場合に
スポーツニュースでダイジェストレポートされるくらい。

この状況に
「ショートトラックの試合の模様をもっと見たいのだが」
と思われた方がおられたら、可能である限り会場へ足を運び
生の迫力を楽しんだ方が、何倍も楽しめるかと思う。
実は筆者も、今年(2005年)2月に筆者地元近くの
京都西京極アクアリーナでST選手権が開催されるまでは、
それまでショートトラックの試合を生で見たことがなかったのだ。

高田選手が久々に実家近くに凱旋して試合とするということで
大会初日の朝から会場へ入り、観客席で応援することにした。
一般の観戦客もチケットなしで自由に観客席に座ることができる。
まず、この気軽さと身近さは予想外のことだったので驚いた。
私は折角なのでプログラムを1冊買った。
(プログラムには番号が振られていた。抽選で何か当たるらしい)

普段、友人と一緒に年中問わずリンクでスケートして
休日を過ごすこともある私は、
そのリンクの広さを知っている筈なのであるが、
観客席から見ると開放感はあるものの、
リンクが思ったより小さく見える。
この小さなリンクを眺めると、
「ここを選手が最高時速40km以上で滑るのか!?」
と疑わざるを得なくなる。

そして試合が開始された。

最初は予選であるにも関わらず、
そのスピード感と迫力にまず心が惹きつけられる。
場を盛り上げる軽快な音楽も流れている。
選手たちがカーブを曲がる度に、
氷がエッジで削れる音が聞こえる。
何より、周回の残りとスパートとの駆引きが面白い。
ただ単なる力技とは違う、繊細で静かな戦いが
選手の頭の中で繰り広げられていると思うと
自然と鼓動が早まってくる。(心臓に悪いなぁ。笑)

スピードと迫力と駆引きが、応援席にいる者も感じ取れる。
このライブ感は、なかなか病み付きになりそうだ。
私は純粋にショートトラックを楽しむことができた。
楽しさの余り、応援そっちのけになってしまわないか
少し自分で心配になってしまったが。(ぉぃぉぃ

高田選手が出る試合だけ応援して帰ろうと思っていた私は
初日1日中試合観戦を楽しみ、そして最後には
「明日2日目も朝一番から行こう」と思うようになっていた。
ショートトラックの観戦が私の娯楽に変わった瞬間かもしれない。
それほどショートトラックは面白い競技だったのか、
それとも私が感化されやすい単純な体質だったのか。(笑


さて、このライブ感について、他の競技と比較して考えてみる。

これがロングトラック競技や陸上競技、水泳競技、
サッカーや野球など同じスポーツでも会場の規模が大きいと
その分応援者の視野や視点も広くなってしまい
やはりライブ感は薄れてTVでの観戦と同じような感覚になる。
もちろん、別のスポーツも直接見る価値はあるのだが
ショートトラックで感じられるライブ感とはまた違うものだろう。

ショートトラックに少しでも興味のある人、
ショートトラックの試合を見てみたい人、
ショートトラックの試合中継をTVでやってなくて
やきもきしている人は、
ぜひとも直接会場へ運んで観戦して応援して欲しい。
予想以上に楽しめると思う。
TVよりも、また会場で見たい衝動に駆られると思う。
そして会場へ足を運べない方の為にビデオにでも収めて、
見たくても行けない人と一緒に楽しんでほしいと思うのである。

| 管理人のSTこらむ | 02:39 | comments(3) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 02:39 | - | - |
ブログ開設おめでとうございます!!

アクセス数を上げるために当コミュニティサイトに登録しませんか?
http://www.yk.rim.or.jp/~for-ac/


より多くのひとに貴方のブログを見てもらえます。

参加するにはこちらからが便利です
http://www.yk.rim.or.jp/~for-ac/regist.html?mode=edit&title=&address=http%3A%2F%2Fshort%2Dtrack%2Ejugem%2Ejp%2F


お問い合わせはコチラから
http://www.yk.rim.or.jp/~for-ac/mail.html

| みんなのプロフィール | 2005/08/20 8:47 PM |

どんなスポーツでもライブを見るに限りますね。
TVで見ているとスーパープレイは理解出来ませんから・・・
ショートトラックは一度見てしまうと病みつきになることは保証します。
マイナー競技なので(涙)見ているうちに選手のレベルが解ってきて更に面白くなります。
ロングトラックは向こう正面(正しいのか??)で滑っている選手は見えないし、全員滑らないと誰が速いのかわかりませんもんね。(でも好き)
ただ、屋外のロングは風があると我慢大会に近い物があって・・・・
室内のショートの方が見学の環境は整っていますよね。
http://www.skatingjapan.or.jp/jsf05-06/short/short-event.html で試合の日程をチェックして来シーズンも見に行きます。
これをご覧の方も是非一度、選手の息遣いまで聞こえるショートの試合を見に行きましょう。


| kazu | 2005/08/20 8:52 PM |

わぁ、初書き込みだ。
kazuさん感想をありがとうございます。
なるほど、ロングトラックの観戦は我慢大会ですか。(苦笑
スノボのOne Make競技や、スキーのジャンプ競技も
TVで見ていて我慢大会っぽいなぁと思った記憶があります。
長野県にあるエムウェーブでしたっけ?
あれは屋内のロングトラックだったような気がしますが、
そんな設備が今後も増えていくと良いでしょうね。
| NoRo(管理人) | 2005/08/21 3:41 AM |










http://short-track.jugem.jp/trackback/7

アクセスカウンタ:
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
■表示中の記事リスト
■コメント
■トラックバック
■カテゴリー
■アーカイヴ
■リンク
■プロフィール
■その他(管理人用)
このページの先頭へ